top





       
 
W-Wayraフォルクローレ演奏曲の試聴&楽譜(※印刷はできません)
Live:Wayraの演奏  Midi→mp3:パソコン音源の演奏
  



     
No 曲  名 説  明 楽譜 演奏
1
カリスティア
Kalistia
Trote(ボリビア)、意味はよく分からないが、元気のでる曲。
PDF ♪MP3
2
蜃気楼の歌
Cancion Para Un Espejismo
Wayno(アルゼンチン)、過去に日本で活躍したグラシェラスサーナの曲。シバの女王・アドロなど・・多数。
PDF ♪MP3
3
コーヒールンバ
Moliendo Cafe
Orquedia(ベネズエラ)、過去に西田佐知子が、昔アラブの偉いお坊さんが・・と歌った曲。モリエンドカフェという原曲名、コーヒー豆を挽きながらという曲。
PDF ♪MP3
4
クヌミシータ
Cunumicita
Taquirari(ボリビア)、都会のリズム、歯切れの良い爽やかな曲。
PDF ♪MP3
5
プルルーナス
Phururunas
Wayno(ペルー)、羽のある人間という意味らしいが良く分からない。チャランゴ・ケーナ・サンポーニャの聴かせどころがある。
PDF ♪MP3
6
モンテプンク
Monte Punk
Trote(ボリビア)、3拍子なのか2拍子なのか?リズムが合っているのか、合っていないのか、よく分からない、フォルクローレ独特のリズムがおもしろい。
PDF ♪MP3
7
エル・パハリージョ
El Pajarillo
Cueca(ペルー)、スペインから入ったリズム、ハンカチを振りながら踊る、いわゆる楽しいフォークダンス。
PDF ♪MP3
8
コンドルは飛んで行く
El Condor Pasa
Yaravi&Wayno(ペルー)、元はインカの伝統的音楽、サイモンとガーファンクルでおなじみの曲の原曲。
PDF1 PDF2 ♪MP3

コンドルは飛んで行く
Fox Incaico
FoxIncaico(ボリビア)コンドルは飛んでいく3部形式のYaraviとWaynoの間に演奏されることが多い。
PDF ♪MP3
9
花祭り
El humahuaqueno
Wayno(アルゼンチン)、日本では、シャンソンとして流行したが、アルゼンチンウマウアカ町の伝統的お祭りの歌。
PDF ♪MP3
10
ベンアミ
Ven a Mi
Wayno(ボリビア)、私のそばに来てという愛の歌。チャランゴとギターのデュオの演奏。
PDF ♪MP3
11
ユリ
Yuri
Chuntunqui(ボリビア)、日本の歌謡曲風、南米インディオの曲。ケーナとサンポーニャ、ついでにチャランゴが泣かせる。
PDF ♪MP3
12
ファルン
Falum
Sanjanito(エクアドル)、エクアドルの代表的リズムサンファニート。飽きずに一晩中踊る。Falumは民芸職人の意味がある。
PDF ♪MP3
13
アンデスの旅人
El Sariri
Tink(ボリビア)、故郷の母への想いを歌った曲、カラ元気の悲しい曲
PDF ♪MP3
14
泣きながら
llorando Se Fue
Saya(ボリビア)、私は知らない世代だが?20年以上前、ランバダという題名・ダンスリズムで流行ったことがある曲の原曲。アフリカのリズムサヤ。
PDF ♪MP3
15
出逢い
Encuentros
Carnaval(ボリビア)、エンクエントロスはスペイン語で出逢いの意味です。
PDF ♪MP3
16
サンフランシスコへの道
Camino a Sanfrancisco
Trote(アルゼンチン)、続夕日のガンマンの主題曲。
PDF ♪MP3
17
灰色の瞳
Aquellos Ojos Grises
Zamba(アルゼンチン)、あの灰色の瞳、お馴染みウニャラモスの作詞・作曲。加藤登紀子、長谷川きよしが歌ってます。
PDF ♪MP3
18
カリニート
Carinito
Cumbia(コロンビア)、珍しくコロンビア発祥のリズムCumbia、世界的にも流行したリズム。
PDF ♪MP3
19
タイピカラ
Taypikala
Wayno(ボリビア)、直訳すると、中央の石の意味がある。プレインカ文明の世界遺産ティワナク遺跡で、かつて世界の中心タイピカラと呼ばれてた。
PDF ♪MP3
 
その他の曲+α
→こちらから
  
  





























アクセスカウンターアクセスカウンターアクセスカウンター
ケアプロスト